melancholy youth

since 2016.6

after works distro stock list

f:id:melancholyyouth:20170523153403j:plain


after works distroの在庫リストになります
商品の文字をクリックすると詳細のページに飛びます


port - import / export EP (CD)

by the end of summer - Laughing e.p. (CD)

Shelly - What a Wonderful Place The Earth Must Be (Cassette)

mira - Self Titled ep (CD) ※残り1枚

Mountain Weather - SPRING2016 (CD)

without - westgate No.5 EP (CD)

dear student - Recollection of the Philatelist (CD)

スーベニア - Think Twice (CD)

Chinese Football - Here comes a new challenger! (CD)

WHALEZ - MISTY MORNING (CD)

shuto - off (CD)

Element 5 - Waters ep (CD)

Element 5 - Good Morning, delight (CD)

day's eye - MARGARET ep (7inch)

Camping Trailer - Memoryscape +4 (CD)

control - tape (cassette)

Free, I do - Passed days. And footsteps echo. (CD)

The Firewood Project - Causes (CD)

Frogs in Flight - DEMO (CD)

drama / slower / jyugatsunodrum - 3way split (CD)

drama - koyomi (CD)

Singles - Go forward (CD)

shuto - day weak month (CD)

cattle - Star sailor (CD)

cattle - April showers (Cassette)

port - Some Kinds of Emotions EP (CD)

orders are orders - What is our next stop? (CD)

I LIKE YOUNG GIRL - Local Trains Pass The Scenes EP (CD)

(the submariners) - tidepool (CD)

Pohgoh - Secret Club (CD)

falls - Egg Hunt (CD)

dear student - I still see you in my dreams (CD)

schlafsack - we feel much better than you (CD)

INK - WILTED (CD)

Foursidewalks - beneath the elm tree e.p. (CD)

Loss Leader - Self Titled (LP)

sour thought - 夕凪に都夏を想う (CD)

folks - あたたかい (CD) ※残り1枚

Pygmy I'm cricket - Separation e.p. (CD)

switchblade - punch of rain (cassette)

carb on carb - for ages (CD)

Charlotte is Mine - IN SOMEWHERE NIGHTS (CD)

sushi - sushi the mine (CD)

スーベニア / Town - とうとう (CD)

deerafter - tops and bottoms (CD-R) ※残り1枚

石の犬 - uncertain hollow (CD)

Acle - Cling to The Past (CD)

Snowing - Everything (CD)

TURNCOAT - My dear ex... (CD)

Pohgoh - In Memory of Bab (CD)

eleventwelfth - eleventwelfth (CD) 1620 yen → 1500 yen

Muncie Girls - Fixed Ideals (CD) 1599 yen → 1500 yen ※1枚

Chinese Football - Continue? (CD)

Haus - Studie 1 (CD-R)

RETROGRADE97 - Demo 2019 (CD)

uri gagarn - Swim (Cassette)

MIRA - Lay down on the floor (CD)

awesome &roid - For Recreation (CD/frisbee)

toone - When I Hit the Re;set Button (CD)

without / good luck with your fun / a&works - my favorite place (CD)

ヒト×ヒト - 1st d_emo (CD)

ヒト×ヒト - NOTHING ELSE (CD)

bloom - remain (CD)

salt of life - A to Z (cassette)

I LIKE YOUNG GIRL - Summer (CD)

Notches - New Kinda Love (CD)

used


2019年2月5日時点

持参/出店予定
2/10 吉祥寺 Daydream
4/5 郡山 PEAK ACTION
7/? 郡山某所 after works distro presents???

支払い方法は振込のみで, 発送はゆうメール, ゆうパック, 定形外普通郵便となります

欲しい音源と住所氏名をご記名の上, waitingfor.emoアットgmail.com (アットを@に変換して下さい)
もしくはTwitterのDMにご連絡下さい
手渡しもしくはライブ会場に行った際も対応します

再入荷/新入荷の希望等もお気軽にご連絡下さい



Notches - New Kinda Love (New Stock)


新入荷です

Notches - New Kinda Love
1650 yen

f:id:melancholyyouth:20200206125406j:plain

NOTCHES | Staff Blog
WATERSLIDE RECORDS (@wsonigiri) | Twitter


ニューハンプシャーの3ピースバンドNotchesの3枚目のアルバムを入荷しました
当ディストロでもお馴染みWaterslideからのリリースとなります

縦横無尽に躍動するサウンド ノイジーにドライブするギターが奏でる渋さが薫るキャッチーなメロディ
テンポは速くてパンキッシュで目まぐるしく展開していく楽曲 時折現れるアコースティックなアレンジが良い塩梅に作用する
ロディックオルタナもやりたいこと全部やっちゃえという良い意味でのごった煮感, それでいてどちらも両立している絶妙なバランス加減

ボーナストラックとしてbandcampのみで公開していた"No Wonder Why"と2ndアルバム "Almost Ruined Everything"全編収録されてます
僕が彼らを知るきっかけになった2ndアルバムは2018年の個人的ベストアルバムの1つで, Cloud NothingsDinosaur Jr.が正面衝突したのかと思ってしまうような衝撃を食らったアルバムなのでこちらもオススメです


Notches - New Kinda Love

1. Room Upstairs
2. Funny How
3. Museum of More Dumb Art
4. Crystal Ball
5. Keep My Name
6. Fever Dream
7. Twist The Knife
8. Passing Phrase
9. New Kinda Love
10. Sober Souls

Bonus Tracks (No Wonder Why / Almost Ruined Everything)
11. No Wonder Why
12. Sellin' Lies
13. Cymbals
14. What’s In Crumbling
15. At A Medium Pace
16. Perfectly
17. Don’t Lie To Me
18. Telephone Wire
19. Different Expectations
20. History
21. Generic Sad Person
22. Big City
23. Shades of You

1650 yen

bloom - remain (new stock)

新入荷

bloom - remain
500 yen

f:id:melancholyyouth:20200205131125j:plain

bloom (@bloom_sapporo) | Twitter


札幌の4ピースバンドbloomのepを入荷しました
メンバーの内2人はディストロでも扱いのあるdeerafterとしても活動中

マス/トゥインクルエモ由来の細やかなフレーズが軽やかに鳴り響く 少しずつ展開を見せる楽曲は時にゆったりと時に歪みノイジーサウンド
その上に乗る日本語詞をハイトーン寄りのボーカルが歌い上げる

各々の好きな音楽への偏愛を感じさせつつ昇華させた4曲 是非


bloom - remain

1. remain
2. comb
3. timgoodine
4. avenue

500 yen

salt of life - A to Z (new stock)


新入荷

salt of life - A to Z
990 yen

f:id:melancholyyouth:20200205124000j:plain

いっしゃん… (@isshang) | Twitter


京都の3ピースバンドsalt of lifeの新作カセットを入荷しました
これまでの性急なビートとアグレッシブなサウンドは健在ながらメロディアスでキャッチーなフレーズが印象に残る
歌声やコーラスも含め, 単に激しいだけではなくどこか優しい雰囲気も感じられる
上手く言い表せないモヤモヤの行き場とかごっちゃごちゃのCDの棚とか色んな情景が浮かんでくる中でこんなメロディを鳴らされたらちょっと切なくなってしまう

カセットの装丁も是非チェックを
ダウンロードコード付きです


salt of life - A to Z

1. バカにつける薬
2. ユーモア
3. A to Z

990 yen

I LIKE YOUNG GIRL - Summer (new stock)


新入荷

I LIKE YOUNG GIRL - Summer
1500 yen

f:id:melancholyyouth:20200205114422j:plain


I LIKE YOUNG GIRL (@ilygbandtokyo) | Twitter


I LIKE YOUNG GIRLのアルバムを入荷しました
SUMMERMAN主宰のレーベルSuper Capsaicin Recordsからのリリースとなります

爽やかに流れていく青いメロディ 馴染みやすいフレーズはほんのりとポップだけれど何処かキュッとなって切なくなる
これまでの音源はヴォコーダーを通したボーカルとコーラスでそれはそれで味があったものの遂に生声での収録 少し上ずったりする部分でまたグッと来る
楽曲から漂う懐かしさであったり哀愁がとても堪らない

Built to Spillのカバーやアコースティックのアレンジ等メロディック一辺倒というだけじゃないサウンド
普段この手のサウンドに触れてない方も是非どうぞ



I LIKE YOUNG GIRL - Summer

1. Weekend
2. Summer
3. Drag
4. I Remember
5. Sun Goes Down
6. Car
7. Local Train
8. Melon

1500 yen

1/30

東京旅行第2部です

いつもの如く出発 前回よりはちょい遅めに到着 今回はライブのはしごも無く余裕もあるので久しぶりに何か食べに行こうかと思い荻窪へ やはりねいろ屋かなと思い向かうことに 3度目の入店 他のお店の手伝いとかもしているからいらっしゃらないかなと思っていたらはじめさんは出勤されていた "(来るペース)早すぎだろ笑"と言われる笑 確かにこんな数日おきに東京に赴くのは初めてかもしれない 限定の味噌ラーメンとレモンミルクのかき氷を注文する どちらもとても美味しかった 前日まで限定であった栗のクリームのかき氷も食べてみたかったな... お会計の際に少し話して店を出る その後は近くのブックオフへ こちらも久しぶりに来たけれど前来た時より気になるものが増えていた どうするかなと迷いつつ4枚をピックアップ ようやくbufferinsが手に入ったのが嬉しかった

ブックオフを後にして今度は渋谷へ向かう 平日とは言えやはり人は多いなと感じた 当たり前だけど... まずはタワレコへ なんとなく置いてあるかなと思うバンドやアーティストのコーナーを見るもののそこまで収穫は無かった 試聴機の方を見るとsleepy.abの新作が出ていたことを知る チラッと聴いてなんとなく良さそうだなと思いつつもひとまず今回はやめることに お店を出て今度はNERDSヘ 専門に居た時以来だから本当に久しぶりに行く 少し歩いて到着 階段を昇ってお店に入る なんとなく緊張しつつも(前はもっとビクビクしてたと思うけど)掘る それぞれのサイトで見ていた音源を目にしたりusedやお店でしか出してない諸々をチェック もう少し余裕があったら色々買いたかったが今回はAnxiousの7inchとinviernoのCDをピックアップ またタイミング見つけて掘りに行きたい
お店を出て次はユニオンへ どこのユニオンもだけれど行く度に品揃えが変わっていて面白いなと思う なんとなく気になる音源があるなと思いつつも今回はやめておくことに (折角来たのに何となく止めてしまう癖なんなんだろうな...) 続いて数日前に話を聞いていたレコファンへ エレベーターを降りると既にCDの棚が並んでいて少し笑ってしまった その一角だけで小さいお店のCDコーナーかと思うくらいの量が置いてあった 一先ず何となくで棚を見て その後は店内へ 所狭しと並ぶCDとレコードの棚と箱...いやあヤバいな...笑 何かしらは見つかるよって聞いていたけどそりゃそうだこの量ですもの 何時間もかかりそうだなと思いながら少しずつ見ていくもののこれは相当根気が要りそうだ 観に行くライブの時間も迫っていたので邦楽のCDをサッと眺めてその後は海外モノのCDの棚へ デデーンと広がる棚の波 うへえやべえとなりつつも一先ず見る, 見る, 見る...最後の方まで見切れないと判断したのでとりあえずアーティスト名だけ決めてさっと見る 結果的にデスキャブのPhoto Album (国内盤)とThe Good Lifeのアルバムとepをピックアップ 結局1時間居たか居ないかだけどあまりにも時間が足りない 次行く時はもっと早くから掘ろうと決めた

f:id:melancholyyouth:20200204233513j:plain

今回のライブは渋谷のHOME 初めて行くハコになる レコファンやショップが並ぶ通りとは離れた場所にあるので急いで向かう なんとか開場前に辿り付く 階段を降りて受付, そして中に入る ドリンクを飲みながらスタートを待っていたら出演するawesome &roidの面々が来られたので談笑する サポートのコウさん経由で到着していたworst party everのAndyとも話す 昨年のForestsの時以来だけれどまた会えたのが嬉しかった awesomeタツルさんがそのworst party everのことを"ワーパーちゃん"と呼んでたのが何だか可笑しかった笑

Monkey in Yellow 静岡と東京で活動するアーティスト 今回は3ピースバンド形態でのライブ なんとなく名前は去年辺りから聞いていて気になっていた 独特な間やメロウな雰囲気 バーストするパートや優しく広がるメロディ そのサウンドは不思議ながらもなんだか懐かしい感じもありとても面白かった
worst party ever 先述の通り去年以来のライブ 今回もAndyのソロでの弾語りスタイル ほんのりとナード感は漂いつつも言葉を詰め込むような歌い方やザクザクと鳴らすギターの音は独特でとても良かった 先日公開された新曲"what about you?"も披露 これまでアップテンポ目な楽曲が多かった中ゆったりとスロウ目なテンポの楽曲 アコースティックでのアレンジもとても合っていて良かった 所々で日本語でMCを挟んでいてふふっとなった 今度はバンドスタイルでも観れたら良いな
awesome &roid ディストロだったりtwitterであったりでちょくちょくやり取りはしていたけれどライブを観るのは去年の5月振りになる 今回はコウさんサポートのスタイル 相変わらずオルタナで熱い雰囲気とパワーポップ経由のポップパンクライクなサウンドでカッコいい "Thousand Steps"はライブで観るのは初めてだったけど00年代ポップパンクの雰囲気マシマシでちょっと懐かしい感じでこちらも良かった 最後の"Michiko"も相変わらず最高...
Man'hattan Holiday こちらも名前だけ知ってて気になってたバンド まさにビークルを彷彿とさせるパワーポップ経由のポップパンクって感じだった コーラスの入れ方はLastrum時代でサウンドの感じはメジャー以降の雰囲気だったし英詞をハツラツと歌い上げる所まで本当に好きなんだなって感じた 何だか今のバンドだけれどノスタルジーを感じさせるようだった




ライブ後はゆったりしつつ談笑 Andyとも話せて良かった また会いたい そしてまさかのbreak a schoolのヒロさんと4日振りにお会いする まさか今日いらしてるとは思ってなかったので驚いた 少しお話し出来て良かった 今後また別のイベントとかでもお会いしそうだな... 本当は軽く飲みに流れる予定だったのだけれど時間が微妙に迫ってきていたので撤収するawesomeチームと渋谷駅近くまで話しながら移動する 渋谷駅で別れて東京駅, 深夜バスで地元へ...

2段構成の東京旅行でした どっちも楽しかったな...軽い風邪引いちゃったけど...笑
また近々東京行くかと思うのでこの日記も更新されることでしょう

それではまた

1/26

東京旅行第1部です

いつもより早く到着して早速新宿に移動する 到着後はすぐにヒルバレースタジオへ 初めて行ったけれどナイスパの目と鼻の先なんだなと知る 何度か通ったことがある通りだったのに気づいていなかった 偶然にも今日はライブのはしごで後程ナイスパにも行くので都合が良い 階段を下りるとdeerafterのメンバーが居て色々話をする とあること(まあライブなんだけど)で仙台でメンバーには会っていてそれ以来になるけれどまたお会い出来たのは嬉しかった スタジオがオープンするまで色んな方と談笑する 開いた後は会場の場所でスタートを待つ

f:id:melancholyyouth:20200204233227j:plain

SUMMERMAN 最初はサマーマン たけしこさんとはよくライブでお会いするけど1年半以上振りに観ることとなった 今回は2ndアルバム以降のセットリストでじんわりと沁みつつも熱さを感じさせるライブだった スプリットの楽曲や新曲も披露していてジワジワと広がるメロディがグッと迫る感じでとても良かった ライブ後に今はこういう曲作られてる感じなんですか?と聞いてみたら"こないだのSnowingでやっぱりああいうの良いよねってなってテンポ早めのも作ってる"とのことだったのでそちらも楽しみだ
deerafter 先述の仙台以来2回目のライブ 矢継ぎ早に繰り出される楽曲のテクニカルなフレーズとマス/ミッドウェスト経由のメロディがこれでもかと襲ってくる様は否が応でも心が揺れる 時に激しく時にしなやかに変わる楽曲はやっぱりこういうの良いよな...と思ってしまう トラブルはあったものの駆け抜けるライブだった またすぐにでも観たい
Haiki ベースのイシマル君とは何だかんだ数年twitter上で付き合いがあってBearwearは以前観たことがあったもののHaikiは今回が初めてとなった 細やかなギターのフレーズとアグレッシブなサウンド, そこに乗っかる日本語の熱い詞 一番最初はどうなんだろうと思っていたんだけれどバチバチの雰囲気がマッチしていてとても良かった 魅せ方が凄いなと思ってしまった
The Roofdogs ずっと名前だけ知っていて気になっていた北海道の3ピースバンド チープなロックンロールとインディロック, パワーポップ, そしてほんのりエモのエッセンスを入れた初期衝動な感じのパンクロック, いなたい雰囲気ともたつくMC...何処を切り取ってもああこれは確かにヤバいなと思ったしまた別の魅せられ方で圧倒された 観たことは無いけどゴイステとか初期の銀杏ってこんな感じだったのかなって勝手に想像してしまった
weave ようやく...本当にようやく観ることが出来た 最初に名前を知ってからもう8年程経つだろうか ずっと音源やライブ映像だけを観ていたとても大好きなバンドのライブを観ることが出来た 最初の3曲はよく聴いていた音源からの楽曲で涙が零れそうだった...というか若干泣いてた グッと堪えながら歌詞を口ずさんでいた 後半は最近やっているであろう新曲群からの楽曲だったけれどこちらもまた格別だった アルバムももうすぐ完成するようだしとても楽しみ 大好きな楽曲は聴けなかったけど次の楽しみに取っておこう その時は大号泣しながら飛んでしまいそうだな...



ライブ後はスタジオの借りていた時間が迫っていたこともありいそいそと撤収することに 邪魔にならない場所に移動しつつ談笑 ここでまさかのリュックにしまっていたダウンが破けるというハプニングが...この日そこまで寒くなくて良かったなと思いつつもやはり寒いので後で何かしら上着を買おうと決意 撤収後は流れで打ち上げにお邪魔することに 近くにあるめだかというお店に向かう 残った面々と色々話す deerafter, Roofdogs, Haiki, そして僕が同世代ということで若干聴いていた音楽が被ってるみたいな話が出たりする その他にも色々音楽の話やらなんやら話せて良かった (deerafterしぶや君に同世代と分かった瞬間にタメ口にされたのは若干戸惑ってしまった...いや良いんだけれども笑)
打上げ後は僕としぶや君はナイスパにはしごする流れだったので一緒に面々と別れ向かう 道中や開演待ちの間で談笑する 面白い話も聞けたので今後も楽しみ ナイスパへ

f:id:melancholyyouth:20200204233304j:plain

到着後は物販へ はじめさんと再会する どれ買うか見ている途中で全買いでしょ?と言われる笑 流石にそこまで余裕は無かったけど持ってなかった音源含め色々購入 ダウンの代わりにスウェットも何とか購入出来た...笑 会場に入って開演を待つ

リーガルリリー 名前だけ知っててずっと気になってたバンド ノイジーなギターが鳴り響く中で囁くような優しい声が聴こえてくる これまでの楽曲をめちゃくちゃ聴き込んでいたわけでは無いのだけれどなんとなく最近のモードと言うか想像以上にオルタナシューゲイザーフィーリングを感じさせるライブで圧倒された きのこ帝国やチャットモンチーが居ない今の世代の新しいそういう何かなのかなとか勝手に思ってしまった もっと前列で観たかったなこれ
malegoat 最早お馴染みのバンド どの会場で観ても良い意味でのマイペースというかラフな感じでサラッと演奏してしまってるのが凄いなと思う ライブが進みに連れて周りが段々揉みくちゃになっていって最高だった ハーマスイセさんに背中めっちゃ叩かれてたの面白かったな笑 アンコールもかかって久しぶりの"Expression" その場に立っているのがやっとって感じだったけれど最高だったな...
Kittyhawk リバイバル以降のシカゴインディロックオールスターズ的な面々によるバンド 数年振りの復活~初来日 知っててちょっとは聴いてたけれどまさかこんなニッチな(あくまで他のバンドに比べてみてという意味でだけど)バンドまで来日するとは思わなかった 時に激しく時にキッチュに広がる楽曲 やっぱりほんのりと切なさを感じさせるメロディが染み渡る これまでに比べてMCが分かり辛かったけれど(これはリスニングと読解力の問題だけれど...)各々冗談を挟みながら感謝を述べていた Erikが思った以上に他のメンバーの邪魔をしてるのが面白かった笑 "もしかしたらまたやるかもね"なんて言っていたのでまたスロウペースでもやってほしいと思った

ライブ後はフロアで知り合いの人達と談笑や挨拶を交わしつつゆったり過ごす ずっと合流するはずだった知り合いとも一先ず落ち合えて一緒に会場を後にすることに 流れでご飯を食べることになったので目に入ったラーメン屋へ 各々注文して食べながら色々雑多に話す 話の中でレコファンの話題が出てそういえば行ったこと無かったなと思ったので次回行こうかなとなんとなく思う (実際数日後に行くのはまた別のお話) ラーメン屋を出て駅に向かい他の面々と別れる 僕はなんとなく良さげな漫喫を見つけたのでそこに行くことに 所謂歌舞伎町の中のお店だったので勝手にヒヤヒヤしていたけれど特に何も起きず入店 就寝する
数時間後起床 まだバスまで時間があったので新宿でよく行くマックに行くことに コーヒーとパイを口に挟みつつ時間を潰す 良いぐらいの時間になったので東京駅へ バスに乗って地元まで帰る...

数日後また別の諸々で東京に向かうことに 続く