読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

melancholy youth

since 2016.6

Red Fox Grey Fox

f:id:melancholyyouth:20170418162317j:plain


ミシガンでEmpire! Empire!が生まれた頃, ミネソタではこのバンドがひっそりと結成された


Facebook


Red Fox Grey Fox

アメリカはミネソタ州, ミネアポリスの4ピースバン
2006年の夏に結成された彼らは, 幾つかのライブを行いつつ2つのEPをリリース
3ピースバンドだった彼らはその後もう1人メンバーを追加して2007年8月にアルバムをリリースした

2009年にEPをリリース, B-side集もライブ会場限定でリリースされていたよう
その後間隔は開きつつも現在もライブをこなしている...と言っても今年はまだ動きが無いので分からないが...

メンバーはBen Pien, Jeremiah Satterthwaite, Peter Miller, Stephen Lindquistの4人

Ben Pien以外の3人はWe Are the Willowsというカントリー寄りのインディロックバンドでも活動している
そしてBenは2015年にTame Giantというプロジェクトを始動したものの, 動きは途絶えてしまった模様
並行して活動しているからか2009年頃から活動がゆっくりになったのかもしれない
(Facebook参照)


youtu.be


最初にEmpire! Empire!と比較するような書き出しで始まったのは, 彼らと通ずる部分が多いと思ったからだ
彼らもまた"エモ"バンドなのだから...


まず彼らのことを説明するには印象的なボーカルからだろう
Peterのボーカルはまるで子供のような高く, 純粋に歌われているかのような美声だ
真っすぐに伸びるその声は, 聴いているこちらが苦しくなってしまうほど

そして何と言っても彼らのサウンド
とても儚く, 今にも途切れてしまいそうな糸を紡いでいくような繊細さを持ち合わせている
そしてやっぱりどうしようもなく切ない

影響されているバンドに
Death Cab For Cutie, Sigur Ros, Hot Water Music, The Beatles, Shai Hulud, Further Seems Forever
を挙げている
確かに彼らのサウンドはポストロックのような広大さ, パンクやハードコアのようなアグレッシブさ, ビートルズやデスキャブといったバンドのような裾野の広さ
そしてエモのような切なさ, やるせなさを兼ね備えている (特にデスキャブに影響を受けているように感じる)

ギターの美麗かつ心情を表すようなフレーズ
重心を構えるベース, 優しく, そして激しくうなるドラム
所々で入ってきて, 楽曲に鮮やかに映し出すキーボード
音楽は人の心を映すというが, 特にこのようなバンドだと尚更だろう
そして感情の揺らめきを表すかのようなPeterのボーカル
これ以上何を求めれば良いのだろうかとまで考えてしまうほどである


youtu.be


僕は彼らのことをよく知らないし, 音源も持っていない (勿論ライブもだが)
だけど僕は彼らのことが大好きであることには変わりはないし, これからも時々思い出しては聴いていくだろう

出来るならこれからもゆっくりでも良いからその歩みを止めないでほしいと願いを込めて







...というライナーノーツのような散文でした

では