読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

melancholy youth

since 2016.6

Climb The Mind / チャンネル3

f:id:melancholyyouth:20170315153318j:plain


先日地元のライブハウスに遊びに行った時, こんな話になった

「お前さあ, クライムの新譜聴いた?」

その時まだ僕は買ってなかったので, "まだ買ってないです"と言ったら

「"メタボリズム"って曲聴いた時にさ, お前のアンセムだと思ったんだよね」
「"食べたーい, 痩せたいけど"って歌詞がお前そのものだよなってさ笑」


僕は太っている, とても

痩せたいと思ってるけどなかなか実行出来ない

そういうことなんだろう

そういうことなんだろう





Climb The Mind, 6年半ぶりのアルバム "チャンネル3"

ようやく手に入れた
リアルタイムで音源を手に入れるのは初めてだ

僕が知った頃には既にほぞもとんちんかんも発売していた後のこと
勿論7inchは買えなかった


最初に金魚のアートワークを見た時のインパクトが凄まじかったけど, 現物やポスターを直に見てもそのインパクトは冷めない
むしろ少したじろいでしまいそうで


1曲目, イントロが流れ始めた瞬間, 鳥肌が立っていた
そして終わる頃には既に泣きそうな気持ちにまでなってしまった

ついにクライムの新譜が聴ける...そんな思いでいっぱいだった


既に公開されていたポケットは90年代でいっぱい
何度も聴き何度も反芻していたけど, 改めて音源として聴いた時の凄みというかなんというか

"ああ、こういうのを名曲って言うんだろうな"

サビで頭を軽く振りながら, そう考えていた



歌詞カードを読みながら聴きたいというツイートや話をよく見かけていたけど, 確かにこれは歌詞を噛み締めて聴きたくなるよなと
というか嫌というほど, 声と歌詞が印象に残る

普段どんなことを考えながら, 生活しているんだろう
どんなご飯を食べ, どんな服を着て, どんな夜を過ごすんだろう

そんなことに思いを馳せつつ, 曲が進む


今回のアルバムはキラーチューンとなるような曲ばかりだと思う
全編シングルカット出来るようなそんなアルバム


耀け自販機...まるで別バンドのような若さ, 瑞々しさを感じさせるようなアップテンポでキャッチーな楽曲
ファズを通したギターの心地良いノイズが曲全体を覆う

ピンクの電話...サビの爆発力, そしてギターソロでぶち抜かれた
ピンクの電話という芸人が居たらしいけど, そのコンビについて歌っているんだろうか

あしべ...少しずつ大胆に変わり, 最後は初期衝動の塊を吐き出すような展開
食って掛かるような咆哮とクリーントーンで歌われる所は"ほぞ"を彷彿とさせてグッと来てしまった


そして, メタボリズム

確かに僕みたいなやつにはうってつけの曲だと思う

もしライブを観る機会が出来て, この曲を演奏してくれるなら
大号泣しながらサビを一緒に歌うだろうななんて考えてしまった


例えで4曲挙げたけど, どの曲も本当に印象的だし, 諸処にグッと来るパートがあって

とてつもない熱量が入っているんだろうけど, それをいとも簡単に飄々とやってぬくような
どこかのレビューで読んだけど, まさに仙人みたいな感じというか


本当に素晴らしいアルバムです
スターピースが出来てしまったんじゃないかなんて考えてしまった

ファズがかかったギターでいつもより激しめなアプローチではあるけど, 聴く人に寄り添うアルバムだと感じた



それでは最後に歌詞カードから一言だけ書いて
この散文を閉めようと思う


「それでもあたし、今を一生懸命生き抜いてみせるわ。」




youtu.be

soundcloud.com

Official Site

Twitter (非公式)